ワンコ達の目指せ!ハッピーロード

ボランティアで 保健所から助けた犬達を預かる毎日。愛犬シンディと共に 里親さんが見つかるまでの つかの間の暮らしぶりを日記風に。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

飼わない理由

先日、ライチのフィラリアの薬を届けに実家へ。
「お見合い、キャンセルになっちゃったよ!」
「そーか、んじゃ、正月はオマエと一緒か・・・」と父。
「あらー、仕方ないわねー」と母。

母は、散歩に行くと散歩仲間に
「ジューベーばば、飼っちゃえばいいのに!」
とよく言われるらしい。
「なんて言うの?」と聞いてみた。

「だって、ライチはこれから10年は生きるでしょ、
 そしたら私の介護の方が先になるわよ~!
 その時手放すなんてライチが可愛そうよ。
 だからもう犬は飼えないの。
 預かるぶんには、いいんだけどね~」

私も健康の為に犬を飼えと言ってきたけど
確かに10年以上生きるかも知れない犬を
今、両親に飼わせるのは無理なんだなー。
うちの両親だけはずっと生きると思っていたりするけれど
そんなことなくて、死は誰にでもやって来るから
その時、犬がいたら・・・やっぱり手放すしかないかも。

ってことで、両親がライチを飼えない理由を代弁させてもらいました。
預かりをしている今が一番楽しいのかもしれません。
スポンサーサイト

| スピッツ | 16:57 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

そうか・・・。

ライチ残念だったね。でもこれで終わりじゃないよ。
巡り愛はあるからさ!!

私も、花子がいなくなったら、最後の1WANと思っているけど・・・、今だって、私、もしくは夫婦で突然死んでしまったら、この子達はどうなるのかしら?と考えると、とーーーーっても不安です。お母さんのお気持ち納得でスよ。最後の1WAN、それも小さく抱えられる子なんて今から考えてる。でも、花子だって太郎と同じならあと10年生きる・・・・そうしたら、あと1WANは無理かもね。WANをおいて死ねない。そんな先の事・・・なんていえないよ~。

ライチ、待てば幸せが必ず来るよ。それまで、ジューベーママ一家は大変だけど。

| 美鈴かぁーさん | 2006/12/04 17:46 | URL |

美鈴かぁーさんへ

やだぁ~!!!美鈴かぁーさんは、
まだ若いじゃないですか!!!
大丈夫ですよ~!
でも確かに不安に考えてしまいますねー。
まぁ、あまり先のこと考えても仕方ないけどね。
ライチは、とりあえずはライチジジババの元で
ゆっくりと里親さんを待つことに・・。

| ジューベーママ | 2006/12/05 10:43 | URL |

ゆぅみ

最近そんな記事や団体のことをテレビで見ました。
離したくはないけれど現実には…。
私も10年先…明日は何があるかわかりません。
実際アイリーの子どもたちを実家にと思ったとき
あと何年、その後はと考えました。

ライチ君はいごごちいいでしょうが
また次のチャンスを待ちましょう。
そんな高齢期に入ってきた方のボランティアなどの
積極的な参加は人間にとってもわんこにとっても
生きる張りにならないでしょうか…。
ちょっと思いました。

| ゆぅみ | 2006/12/07 09:47 | URL | ≫ EDIT

ゆうみさんへ

ほんとですね。
高齢者のボランティアへの参加って
いいことだと私も思います。
アメリカでは、受刑者が捨て犬を育てて
里親に出したりしていますものね。
日本もそんな風になれば、少しでも救う方法が
増えるのになぁ。。。

| ジューベーママ | 2006/12/07 13:35 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://alona19952005.blog43.fc2.com/tb.php/233-075a68de

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。