ワンコ達の目指せ!ハッピーロード

ボランティアで 保健所から助けた犬達を預かる毎日。愛犬シンディと共に 里親さんが見つかるまでの つかの間の暮らしぶりを日記風に。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

月命日。

もう、ジューベーが★になって、1カ月がたった。
遠い昔のような、つい昨日のことのような・・・。
12月17日も風が強い晴天だった。
ケータイのメールにはその日、
友達や親・妹に逐一送ったメッセージがいまでも捨てられずに取ってある。
にっくきは、胃捻転・・・。
どーして、ジューベーでなければいけなかったの?神様。
どーして、私からジューベーを取り上げたの?神様。
どーして、痛がっていたとき、すぐに病院へ連絡しなかったのか?
夜中だったという言い訳をして、自分をなぐさめているけれど・・・。
悔やんでも悔やみきれずにいる。

いろんな想い出を思い出しながら今日は、お花でいっぱいにしてあげよう。

留守番していて、ナニを思ったか、窓を割って庭に出ていたこと。
2枚も割り、今でもガラスは入れずにアクリルボードがはってある。
コーヒーを袋ごとたいらげて、朝までハイだったこと。
対岸にいる犬に吠えまくり、川があるのを忘れ、川に落ちてしまったこと。
泊まったペンションのプールで、浅いと思ったのか、
飛び込んだら足が付かなくておぼれかかったこと。
今の家が見つかるまで、人に1年預けられ、また一緒に暮らせるようになったとき
朝まで仕事している私のかたわらで、直立不動のお座りをし続け
居眠りで体勢を崩しても、また、いかんいかんといったように
お座りの体勢で朝までいたこと。
家にねずみが出て、私が怖がっていたら、それよりもっと怖がって
ハウスから出てこなかったこと。
雪が好きで雪合戦すると雪の玉を食い尽くすこと。
若い頃、あまりにやんちゃすぎて、薬をもって安楽死をも考えてしまったこと。

10年間のたくさんの想い出はきりがないほど。
楽しく大変で笑って・・・。
形に残らないプレゼントをくれたジューベーに心から感謝。

待ってておくれ。虹の橋で。きっと逢おうね。そして、ずっと一緒にいようね。
ありがとうじゅー

私の命だった。ジューベー!ありがとね。
スポンサーサイト

| ジャーマンシェパード | 00:29 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ジューベー、見守っていてね

そうでしたね。まだ1ヶ月しか過ぎていないんですね。アローナさんの文章を読んでいたら、どれだけジューベーにとってアローナさんが、アローナさんにとってジューベーが大切な、かけがえの無い存在だったかがよく解ります。どんな犬とでも築ける関係じゃないと思います。私にもそんなワンコが過去に1匹いました。心の友でした。
そんな大切なジューベーが亡くなって間もないのに預かりのボランティアを続けているアローナさんに頭が下がります。
ジューベーはいつもアローナさんの側に居ますよ、きっと。アローナさんも感じているはず。
ジューベーが見守ってくれていることを。

| はな&アトム | 2006/01/18 01:26 | URL |

お別れの日がくることは分かっていても
納得のいくお別れなんてできないと思います。
ジューベー君はたくさん愛されていたし
ジューベー君もママさんをたくさん愛していたと思います。
ジューベー君に出会えたことが
とってもしあわせなことだったんだと思います。

ご冥福をお祈りいたします。

| ゆぅみ | 2006/01/18 10:47 | URL | ≫ EDIT

本当に早いですね・・・。
美鈴を見守ってください・・・ジューベー君。
いつかまた一緒に遊んで!
ジューベー君の事を見ると、会社でウルウル・・・。

| 美鈴かぁーさん | 2006/01/18 12:29 | URL |

追伸・・・
ジューベーと、ジューベーママにはホントに感謝!!
美鈴のかわいい写真を残してくれて、思い出も作ってくれて。ありがとうございます。

| 美鈴かぁーさん | 2006/01/18 13:04 | URL |

ジューベー君をとっても愛していたんですね。
亡くなってまだ1ケ月なのにアンディー君を預かっていて感心します。
愛していた子がいなくなったらペットロスでしばらくわんこ見たくないって人多かったりしますから。
ジューベー君とのたくさんのいい思いでもあるし、きっとそばにいつまでもいてくれると思います。
私も子供の頃シェパードのアルマを飼っていて、姉弟のように育ったので、ジューベー君の写真を見るといろいろ思い出します。
アローナさんと一緒に暮らせてジューベー君もきっと幸せだったと思います。

| てるりん | 2006/01/19 13:31 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://alona19952005.blog43.fc2.com/tb.php/23-e9a52975

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。